なるようになるさ

アクセスカウンタ

zoom RSS 親っていうものは

<<   作成日時 : 2018/05/09 08:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

親というものは、子供が苦しんでいればいるほどアドバイスしたがるもの
あなたのためだから・・心配しているからとか
そういう理屈をつけてアドバイスを超え、時には強制にも変貌します。
親は色々な経験を重ね子供にはそういう思いをさせたくないという気持ちが働くのだからと今では私も考えます。

そうは言っても、その通りに動いてもそうでなくても責任は親には背負えるものではありません。
そして私たちはどこかで分かっているものです。
また私たちはどの道を選んでもたやすいものではないことを十分に分かっているのです。
それでも判断することを放棄してしまうのは、どこかでその責任を投げ出したいという気持ちが働くのかもしれません。

その結果、自分で背負っていかなければならなくてもです。

父も私に何かと強制してきました。
父は、進学、就職、そして結婚と節目節目で支持をしてきました。

そのたびに反抗したり、父の言う通りの道を選んだこともありました。
それで問題が生じっても多少のことは、一人で乗り越えなければなりませんでした。
大きな問題になっても、父はけっして手助けしてはしてくれませんでした。

ただ、あの時違う道を選んでいたらと思うことがあります。
たぶん、それはそれで違う困難が待ち構えていたことでしょう。

子供には子供の人生があります。
考える機会があります。
子供の大事な節目には、アドバイスを求められても子供自身、自分で判断するようあたりたいと思っています。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自分が子供だった頃、そして自分が親になったばかりの頃、そしてそして、子供が社会人になった頃、、、
その時、その時で、私も色々と思うことはありました。ある程度、親の気持ちもわかるものの、おっしゃる通り、親の言う通りにしてもしなくても、結局は自分で背負っていかねばならないのですよね。

自分がされてきて嫌だと思ったことは、できれば子供には、したくないのですが、自分の中に割り切れない思いが残ることがあります。

違う人生を思うこともありますが、違った形で、やはり思い悩むことは襲ってくるのだろうな、と思います。
yu_mama
2018/05/11 09:49
自分の中に残る割り切れない思い・・・わかります。そうなんですよね。
今回主人と一緒に仕事していた次男の就職活動を見ていて感じた思いです。
主人は必要最低限の言葉しか語らない人でした。
それだけにその一言が子供達には、結構効果的でした。
それをまねて、聞くこと九割、残りは感じたことを話しましたが、選んだのは本人です。
自分で行動して考えて選んだ道です。着実に歩んでいってほしいです。
パック
2018/05/11 18:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
親っていうものは なるようになるさ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる