コロナ

梅雨に入る 風邪、インフルエンザは湿気と暑さを嫌う。 この時期に薬が出れば第二の波が来る前になんとかなる。 叔母が肺の病気になった時、「いっそのこと結核だったらよかったのに」と言った。 結核だったら、薬があったからだ。 叔母の肺に悪さをしていたのは空気中に普通に存在する菌だった。 患者が多い事は、医学の進歩が早い。 …
コメント:0

続きを読むread more

みんなが遊んでいる時に

自営業を営んでいる学友がいつもゴールデンウイークになるとつぶやいている。 そして、お仕事が一段落して世間が仕事ムードになった時に骨休めをする。 私達農家を営んでいた時は、まさにそうだった。 この春主人の三回忌を迎えたら、日帰りでも良いから、旅行へ行きたいなあと思っていた。 主人が亡くなってからは、廃業するにあたり、気が休まる…
コメント:0

続きを読むread more

実家へ行く

電話をすると母は、昨年二月に怪我をした父の介護の大変さを訴える。 息子の食事の用意をしてすぐに実家へ向かう。 実家へ到着すると、デイサービスの迎えを待つ父に会う。 「パックか?」すぐに私と分からない。 しばらく会わないでいると娘の顔もすぐ分からなくなるものなのかもしれない。 母は、庭で鮒を焼いていた。 …
コメント:0

続きを読むread more

元旦

元旦なのに次男は仕事、長男は休みと言えど外出が多い。 これも仕方がないのかな。 私は家に待機して帰宅する息子達の食事を用意したり、他の家事をこなしている。 最近田舎のご近所付き合いが負担に感じる 主人や義母が亡くなった時、我が家に入り込むように相談に乗ってくれた時は、ありがたく感じていたこの距離感は、今となっては息苦…
コメント:0

続きを読むread more

はりねずみ

英語劇50周年記念 先日こんな行事があった。 だが、昨年にあったネットワークビジネスの学友からまたもやネットワークのお誘いのメールが届いた。 それから、立て続けに英語劇の同窓会のお知らせである。 私も神経質になっていて断った。 怖かったからだ https://050127.at.webry.info/201805/art…
コメント:0

続きを読むread more

一寸先は。。。。

私は、週二日地元でアルバイトをしている。 職員さんの事務補助をしている。 そこそこに事務をこなしている。 だけど、この職場の特に若い職員さんたちなんだか違う感じである。 ベテランさんたちがいないと職場のこと言いたい放題。。。 今の部署は無くなるのじゃないのかと始まり、様々の職員さんたちのオンパレードだ。 最近、数…
コメント:2

続きを読むread more

夫婦

単発のアルバイトに行った。 近くにある倉庫で募集をかけていたバイトだ。 本業は別にあるのだが、暇があると余計なことを考えてしまうし、仕事をしている方が落ち着く。。。 お仕事すると収入につながるメリットもあるし今の私には調度良い。 本業があってダブルワークをするために来ている人って結構いる。 この日一緒に作業をしていた彼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋には靖国神社へ行こう

昨年春から我が家は不幸続きでした。 4月に主人が亡くなり、10月義母のゆきちゃんが亡くなりました。 そして、この二月実家の父が階段を踏み外し大きな手術をしました。 奇跡的な復活を遂げたものの年には勝てません。 30年間続けていた菊づくりも今年で最期にすると言っていました。 最期だから靖国神社へ行こうと言って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常識

学校に長く勤めていたせいだろうか 常識が自分の武器になっているように感じる。 時々常識がどこにあるのか分からなくなる。 人は色々なことを言うから この一年、本当にわからなくなった。 ゆきちゃんを取り巻く人たち、主人のこともそうだ。 何をもってこの人たちはこんなことを言うのだろうか? 立場や時間が変わ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

下町ロケットと農機具

今年は、忙しくてテレビドラマ見ている時間がなかった。 疲れて、そのまま寝てしまった この下町ロケット面白いですね。 無人ロボット。。。こんなのあったら、本当に良いだろうなあ でも、売り出すとしたら、農機具だけに私達には手が出来ないほど高いに違いない。 それから、メンテンナンスに費用が掛かりそう これが馬鹿にならない …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春のお彼岸 (その後)

三月は、春のお彼岸 ゆきちゃんの初彼岸がくる お塔婆の用意してくれるご住職にお礼をしてお線香を上げに来てくれるお客様へ茶菓の用意をしなくてはね。 お墓と仏壇にお花をお供えをする。 お彼岸の訪問者は、常にやり取りの多いご近所と気にかけてくれる親戚ぐらいだ。 それから、主人の姉妹。。。訪問はありませんでした。 故人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みかづき

2月、実家の父が階段を踏み外して後頭部を打って大きな手術をした。 術後直ぐ面会するやいなや、同じ日に簡単な手術をした次男を心配したことば「大丈夫か?」 どちらが大丈夫なんだかと思いながら私はこたえた。 「大丈夫だよ。無事終わったから」 その後、弟からICUから出られたという報告を受けた翌日、父は言葉を失った。 約1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隣との距離感

お洗濯ものを室内へ干そうと後ろ場へ行ったら、、、、こんなことになっていました。 お隣さんに確認したところ我が家の木らしいです。 これは、晴れたら作業しないといけない。。。。 こんな時無性にこの家を処分して狭いマンションへお引越ししたくなります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハグウィット

梨の伐採、伐根をお願いした方は、かなりの自由人です。 見た目はハリーポッターのハグウィット ただ、このハグウィット、中々手におえません。 その奥方は、イラン人でお酒を出すお店で働いているそうです。 作業をお願いしているので、お茶を持っていくと農地の転用が話題にのぼりました。 転用か 「この農地転用して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後は登るだけです。

寒中お見舞い申し上げます。 昨年の我が家は、ふんだり蹴ったりの一年でございました。 その後、我が家はどうしたかと思われる方いらっしゃるでしょうか。 お金がないのに無駄に土地がある。それも市街化調整区域です。 梨畑をどうしたものか、そのままではいけないと思いあらゆる方々に声掛けしました。 以前の同僚のご主人は、農業大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わすれもの

みなさん、新年あけましておめでとうございます。 新年早々、貸すことになった田のことで、お隣のお父さんに確認をしてきました。 稲作は、ご近所の方にやってもらうことになりました。 一反あたり、お金でなくお米で土地代をいただくこの辺りはこれが鉄則です。 それから、土地改良区の代金と固定資産税は地主が払います。 農地と言うもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実父母を看取る

実家の弟から連絡があった。 母の介護で悩んでいるようだ。 社交的なゆきちゃんと違い介護されることに慣れていな母に手を焼いているようだ。 距離があると素直になれるのだろうか 私には友好的な母なのだが、弟にはそうではないようだ。 ゆきちゃんがデイサービスへ最初に見学へ行ったのは数年前だった。 足を温めてもらったりリハビリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

師走になりますが・・・

 介護をしていてわかったことがある。 どんな人でも間違いがある。 どんなところにいても高齢者は転びやすくなるので、転んでも相手を責めてはいけないと思う。 ショートへ行ったなら、物がなくなることもあるので問い詰めてもいけないと思う。 お互い様だから、感謝の気持ちを忘れてはいけないと思う。 主人が亡くなった時お線香を上げに来て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常識ってなんなのか

先日、ゆきちゃんの49日も終わらないというのに電話があった。 辞めてしまった梨畑を見たいというものだった。 確かに辞めてしまって先行きを考えると、売ってしまうことになるだろう。 だけども・・・ これから、ゆきちゃんの49日がある。 その準備もしている。 親戚の方たちがその話を聞いたら、なんていうだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結果をもたらすもの

以前、派遣会社へ登録してきたのはいつだっただろうか。 出来るときに出来る単発のお仕事を探すためだ 長男も次男も働いているが若いためあまり甘えてはいけないと考えてのことだった。 子供たちには、せいぜい食費を出してもらうぐらいだ。 主人の生前、家業を盛り立て、ゆきちゃんの介護を考え退職したのは、だいぶ前のことだ。 主人が亡くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more