稲作と農家とコメの値段

昨日は、彼岸の入りご近所の方たちのお彼岸参りがあるのと同時に、稲刈り作業があります。
田植えはやったものの稲刈りの方が実際に扱う機会はたくさんあります。コンバインや乾燥機など途中で止まることもしばしばです。
その度に機械の整備に業者へ連絡を入れます。
我が家の場合主人がもっぱらの機械好きです。
業者へ電話をすることもありませんでした。
ダメになった機械もパソコンでお取り寄せをして・・・・いわゆる何でも屋だったのです。

さて、今年はどうするのか悩んでいましたが、ライスセンターへお願いすることにしました。
刈るだけの作業ですが、一反あたり、4万円+コメの袋代
7反ありますから約30万円と言うところでしょうね。今年はお米の収穫量が少ないと聞きますので、どのくらいとれるのでしょうか。とれた米は、自分のところと義姉の親族の分をとってそれ以外はライスセンターへ引き取ってもらいます。

今年のお米の相場は30キロ二袋で1万4千円だそうです。いったん当たり6~7俵です。

来年は田植えからやってくれたらとライスセンターへお願いしてみました。先のことはわかりませんが、一年間限定で探してみてくださるそうです。
これが、一反お米1俵いただいてなにもしないことになります。
土地改良代6万円払って7俵いただくことになります。
それでも農地を荒れ地にしてしまうよりは、ずっとましなのです。
そうは、言ってもやってくれる人が出てくるのか。・・・最近は出来なくなってこの季節に耕すだけの作業をしている農家も多いのです

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック