冠婚葬祭(葬儀)

義父の葬儀は、主人に従いながらやったので、全く覚えていません。

ところが、今年の4月主人が亡くなり、どうしたものか焦りました。
農家のしきたりがあるのです。
JA葬祭の担当者と相談しながらお隣のまとめ役に相談しながら、長男を盾にして(笑)、通夜、告別式、49日、新盆、初彼岸。。。残すは一周忌と考えていました。
ところがです。義母のゆきちゃんがまさかの急死!!!

主人の葬儀は盛大に大きな式場をとりましたが、85歳になるゆきちゃんの場合、そんなに来るはずがないだろう。
小さいほうの式場をおさえました。
一日葬を考えましたが、この田舎で反感を変えず行動するのは到底難しい事です。
そこで、住職さん「お通夜だけ家族葬にしたらどうですか?」と言ってくれました。

それ、もらった!担当のMさんが細かいアドバイス、指示を出してきてくれます。
私達はその指示に従い即行動!大きなところでは葬祭の方々がプロの腕前をふるってくれます。
通夜、告別式の場合、通夜に翌日の出席を確認しますが、告別式は納棺、出棺時に確認します。
後は電話で確認します。

半年前に同じことをやっているので、見通しがついているもののバタバタしています。
そんな時に長男から「おばちゃんから言われたんだけど。。」

でたー!何もしないのに上から目線のご意見。。。。
「通夜が焼香客が多いのに・・・」
通夜を家族葬にした私への不満です。

だけどね。ゆきちゃんの介護の費用、入院手術した時も私達に何の経済的な援助どころかお見舞いもいただいていないのですよ。ご香典ぐらいは持ってくるでしょうが、数万円で7人でくるってどういうことですか。
姉さん一人で良いでしょう

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック