常識ってなんなのか

先日、ゆきちゃんの49日も終わらないというのに電話があった。

辞めてしまった梨畑を見たいというものだった。

確かに辞めてしまって先行きを考えると、売ってしまうことになるだろう。

だけども・・・

これから、ゆきちゃんの49日がある。

その準備もしている。

親戚の方たちがその話を聞いたら、なんていうだろう

思ったことを口に出した。

そしたら、「その人たちがあんたたちの代わりに何かしてくれるのか?」

私は、あんたたちのことを心配してやっているんだ。

でも。。。

ちょっとまって。。。私たちに故人を偲んで休む時を過ごす時間を持つことは出来ないのでしょうか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック