師走になりますが・・・

 介護をしていてわかったことがある。
どんな人でも間違いがある。
どんなところにいても高齢者は転びやすくなるので、転んでも相手を責めてはいけないと思う。
ショートへ行ったなら、物がなくなることもあるので問い詰めてもいけないと思う。
お互い様だから、感謝の気持ちを忘れてはいけないと思う。

主人が亡くなった時お線香を上げに来てくださった先輩が言った。
「きっと幸せになれるから・・何があっても感謝の気持ちを忘れないで」

ゆきちゃんがいなくなって、寂しくはなったのですが毎日お茶とご飯をお供えして声掛けしています。
「何もしなくてもいいから、私達を見守っていてね。」とつぶやきます。

どんなことが起きても、他人を恨んだりしません。
感謝して生きていきます。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック