テーマ:子供

親っていうものは

親というものは、子供が苦しんでいればいるほどアドバイスしたがるもの あなたのためだから・・心配しているからとか そういう理屈をつけてアドバイスを超え、時には強制にも変貌します。 親は色々な経験を重ね子供にはそういう思いをさせたくないという気持ちが働くのだからと今では私も考えます。 そうは言っても、その通りに動いてもそうでなく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

スズメバチにはご注意を

 梨農家をやっているとハチに遭遇することが多い。 花が咲く頃、梨農家はミツバチの箱を借りてきて梨の花の受粉を手伝ってもらう。 この九月の中旬を過ぎた頃、怖いスズメバチがどこからかやってくる。 木になっている梨には、よってこない。 どこか割れてしまった梨、台風で落ちた梨、落ちてはいないが枝を揺さぶられて皮が破れてし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリーポッター

多分最初に見たのは、子供が小学生の頃だった。 賢者の石は家族4人で見に行ったのだが、子供が大きくなるにつれ別々に見るようになった。 最後は、有給をとって最終話を見に行った記憶がある。 ハリーの成長を見ると子供の成長を彷彿させられる。 最後大人になったハリーが我が子をホグワーツに送り出す。 我が子がこうなるの…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

運が良いとか悪いとか

先日、長男の中学からの夢が叶わなかったことで、実家に電話をした。 しばらくは、中学から目指していたので、1度2度の失敗では諦めがつかない。 もし、私たち親が無理やり辞めさせたら長男にとっても良くないだろう。 取り敢えず最後の挑戦として、しばらく様子を見ようということになった。 『そう言えば公民館に野中ゆきが来…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

やっぱり梅雨

今日は、気がついたら一日雨だった。 窓口やら講師の対応やらであくせくと仕事を終え、帰り際に実家に電話を入れた。 父の検査の日だった。 父も検査を無事に終え、来月10日に結果を聞きに行くとのことだった。 ところが、二男の退学のことが話題に・・・随時報告していたにもかかわらず母が非常にショックを受けていた。 最…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大学ってなんなの

せっかく進学した大学なのに、退学するという次男 もともと不真面目な子を進学させた私たちが悪いのだが・・・ 1年生の時、ゼミの先生『私が卒業まで引っ張っていきます』なんて勇ましかったけど、1年過ぎると素知らぬ顔 調子のいい先生だったなあ・・・ まあはじめから無理なのだからあんな調子のいいこと言わなければいいのに、あ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

反抗期

高校2年生の息子 毎日パソコンに向かいスカイプで友達とおしゃべり 夜遅くまで起きていて遅刻も1回2回ではない 明日も試験なのに11時もかなり回っているのに教科書を開かない 無駄だとわかっても息子のために食事の用意して掃除をして、教育費を稼ぐために仕事にも行く 無駄だとわかっていても・・・・ 果たしてこの子は、親の気持ちが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more