テーマ:日記

下町ロケットと農機具

今年は、忙しくてテレビドラマ見ている時間がなかった。 疲れて、そのまま寝てしまった この下町ロケット面白いですね。 無人ロボット。。。こんなのあったら、本当に良いだろうなあ でも、売り出すとしたら、農機具だけに私達には手が出来ないほど高いに違いない。 それから、メンテンナンスに費用が掛かりそう これが馬鹿にならない …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みかづき

2月、実家の父が階段を踏み外して後頭部を打って大きな手術をした。 術後直ぐ面会するやいなや、同じ日に簡単な手術をした次男を心配したことば「大丈夫か?」 どちらが大丈夫なんだかと思いながら私はこたえた。 「大丈夫だよ。無事終わったから」 その後、弟からICUから出られたという報告を受けた翌日、父は言葉を失った。 約1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隣との距離感

お洗濯ものを室内へ干そうと後ろ場へ行ったら、、、、こんなことになっていました。 お隣さんに確認したところ我が家の木らしいです。 これは、晴れたら作業しないといけない。。。。 こんな時無性にこの家を処分して狭いマンションへお引越ししたくなります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハグウィット

梨の伐採、伐根をお願いした方は、かなりの自由人です。 見た目はハリーポッターのハグウィット ただ、このハグウィット、中々手におえません。 その奥方は、イラン人でお酒を出すお店で働いているそうです。 作業をお願いしているので、お茶を持っていくと農地の転用が話題にのぼりました。 転用か 「この農地転用して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後は登るだけです。

寒中お見舞い申し上げます。 昨年の我が家は、ふんだり蹴ったりの一年でございました。 その後、我が家はどうしたかと思われる方いらっしゃるでしょうか。 お金がないのに無駄に土地がある。それも市街化調整区域です。 梨畑をどうしたものか、そのままではいけないと思いあらゆる方々に声掛けしました。 以前の同僚のご主人は、農業大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わすれもの

みなさん、新年あけましておめでとうございます。 新年早々、貸すことになった田のことで、お隣のお父さんに確認をしてきました。 稲作は、ご近所の方にやってもらうことになりました。 一反あたり、お金でなくお米で土地代をいただくこの辺りはこれが鉄則です。 それから、土地改良区の代金と固定資産税は地主が払います。 農地と言うもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実父母を看取る

実家の弟から連絡があった。 母の介護で悩んでいるようだ。 社交的なゆきちゃんと違い介護されることに慣れていな母に手を焼いているようだ。 距離があると素直になれるのだろうか 私には友好的な母なのだが、弟にはそうではないようだ。 ゆきちゃんがデイサービスへ最初に見学へ行ったのは数年前だった。 足を温めてもらったりリハビリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

師走になりますが・・・

 介護をしていてわかったことがある。 どんな人でも間違いがある。 どんなところにいても高齢者は転びやすくなるので、転んでも相手を責めてはいけないと思う。 ショートへ行ったなら、物がなくなることもあるので問い詰めてもいけないと思う。 お互い様だから、感謝の気持ちを忘れてはいけないと思う。 主人が亡くなった時お線香を上げに来て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常識ってなんなのか

先日、ゆきちゃんの49日も終わらないというのに電話があった。 辞めてしまった梨畑を見たいというものだった。 確かに辞めてしまって先行きを考えると、売ってしまうことになるだろう。 だけども・・・ これから、ゆきちゃんの49日がある。 その準備もしている。 親戚の方たちがその話を聞いたら、なんていうだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お通夜です。

先日、ゆきちゃんの通夜が滞りなく行われました。 出席者は、我が家の家族三人と義姉の家族三人それから義妹一人 人が少ないってなんて楽なのでしょう。 挨拶なんていつもの顔ぶれです。 ハラハラドキドキしたのは、式場へ行く前のひとときだけでした。 ここまで来たら、この葬儀は好きなようにさせていただきます。なにせこれからの生活費…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冠婚葬祭(葬儀)

義父の葬儀は、主人に従いながらやったので、全く覚えていません。 ところが、今年の4月主人が亡くなり、どうしたものか焦りました。 農家のしきたりがあるのです。 JA葬祭の担当者と相談しながらお隣のまとめ役に相談しながら、長男を盾にして(笑)、通夜、告別式、49日、新盆、初彼岸。。。残すは一周忌と考えていました。 ところがです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲作と農家とコメの値段

昨日は、彼岸の入りご近所の方たちのお彼岸参りがあるのと同時に、稲刈り作業があります。 田植えはやったものの稲刈りの方が実際に扱う機会はたくさんあります。コンバインや乾燥機など途中で止まることもしばしばです。 その度に機械の整備に業者へ連絡を入れます。 我が家の場合主人がもっぱらの機械好きです。 業者へ電話をすることもありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

普通にやってくれればいい

色々な人がいる 奥さんが亡くなってすぐに子供たちをおいて女性のところへ出て行ってしまったお父さんの話をきいた。 奥さんが亡くなった時下の子は3歳 それでも兄弟寄り添って生きてきた。 一人は夜間に通い、高校から大学そして誰が聞いてもわかる企業に勤め退職時にはそれなりの企業へ勤め。。。だが、兄弟の中にはその流れに逆らえないものも…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

演歌ってすごい

こういう職場に勤めているので、親戚両親から言われることが多い 「芸能人くるか?」 これって演歌歌手のことなんだよね。 「演歌やらないの?」 70代以上には圧倒的に人気のある演歌 興行屋さんが企画してよく聞く演歌歌手が来るのが分かる自主事業でもないのに問い合わせが増えてくる。 私達も問い合わせ先をご案内することもお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石になる

私の勤務先の職員さんは、自分の気持ちをさらけ出すことはない。 みんなそれなりに(←これ大事)気持ちを抑えてお仕事をしている。 以前、自分の感情を抑えられない人がいたが退職している。 自分では良かれと思って行動も悪くとられてしまう。 そうならないように、ここの職員さんは黙っている。 それが出来ない人は辞めてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャレンジャー

主人からメールが届いた 開いてみるとカタツムリの画像だった。 チャレンジャー その時のメールのタイトル 4年前のことである。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成最期の夏祭り

昨夜は市内の夏祭りがありました。 勤務を終えて同じ職場の職員さんたちと夏祭りへ参加しました。 花火は短いものでしたが、充実してとてもきれいでした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の彼岸には

義父の時は、私は日中フルタイムでお仕事をしていなかったので主人がやってくれた。 私がやったことと言うと、お線香をあげにきてくださった、客人へ渡すお茶菓子と茶菓の準備ぐらいだった。 いつものようにお隣へ聞きに行った。 「お寺にお願いするのは塔婆ぐらいかな」 お隣さんのご意見を参考に、お寺さんへお盆のお礼のご挨拶かた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梨の甘さ

主人が亡くなって4か月が過ぎた。 梨畑で除草していると、ふと帰ってくるのではと思うことがある。 「今日の夕飯は何が食べたい?」 「美味しいもの」 「そういうのが一番困る」と返すと 「のど越し生」と必ず帰ってくるほどのお酒が好きだった。 摘果できなかった梨畑を見ると無性に悲しくなる。 暑い思いをして、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コンプライアンス

二カ月前のこと 私はゆきちゃんの介護区分を決めてもらうためにかかりつけの大学病院へ足を運びました。 区分申請をするためには、病院の医師の意見書が必要です。 そのための情報が病院側にも必要だったようです。 その日最初、前半リハビリで手足のチェック、後半が看護師による問診があった。 後半の問診は、2年余りの受診履歴やケアマネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風が近づいてきます

今回は、風よりも雨が強い台風なのでしょうか。 梨を続けていたら、さほど心配していないことだったでしょう。 新盆もあって棚をつった近くでゆきちゃんは食事をしていました。 あーどうして気づいてあげられなかったのでしょうか。 私は台所で食器の後片付けをしていました。 物音がしたのかもしれませんが、気づくこともできませんでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご近所さん

昨日新盆に入ろうとしたときご近所さんから電話がありました。 そのご近所さんは、梨の農機具を預かってくれている方です。 亡くなってから農家のお世話係の方たちがあまり足が向かわなくなった畑にある農機具を心配して預かってくれることになっていました。(盗まれることがあるからです。) そのご近所さんはその三人中の一人です。 電話の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

些細な事

昨日 ねえさんのご主人の新盆見舞いに行った。 彼女のお姑さんの発言の一つ一つを聞き逃さず聞いている。 警戒している さらっと流すにはいろいろなことがあり過ぎた。 義務として行った新盆見舞い、線香をあげながら警戒している。 新盆見舞いも先制攻撃のようなもの(相手が来る前が大事) 今日行く予定の義父の姉の新盆…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新盆に向けて

今日は、気持ち暑さが緩やかな感じがするのは私だけだろうか。 次男がアルバイトへ出かけた後、お茶の買い出しにスーパーへ向った。 ゆきちゃんと昼食をとった後くつろいでいたら、JA葬祭から電話連絡があった。 新盆の品物をとどけてくれるというものだ。 棚釣りは8月になってから 「15日の灯篭流しは家族で行いますので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雑踏の中で

ここ数か月、実家の母と話すことが多い 気兼ねすることもない話し相手 電話が終わって切ると、追いかけるように両親と同居している弟から電話があった。 「おふくろを混乱させることを言わないでほしい」 混乱させることは言っていないつもりだが、もしそういう要因があるようならと黙って弟の話を聞いていた。 最後に「自分(弟)は責任も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんな頑張っています

ゆきちゃんのデイサービスの日はお昼までに、畑に除草剤をまいたり田んぼを見回ります。 それが終わると事務的な作業を済ませながら夕飯の用意をします。そうこうしているうちにゆきちゃんが帰宅する物音がします。 いつもと様子が違います。なにか騒々しい・・・ 出ていくと介護職員さんがなにか焦って携帯で話しています。 「ここの住所を教えて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日々は過ぎていくもの

暑い日が続きます。 まだ八時前だというのにこの暑さです。 それなのにもう日差しの下に出ていこうとするゆきちゃん やっとだましだまし家の中へ誘導したもののまた出て行ってしまいました。 やれやれ 昨年の今頃は、私も手術を受けるため、大学病院へ入院していました。 主人は、次男と二人協力体制のもと家事を分担し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カーネーション

ゆきちゃん(義母)は、隣の町の農家の次女として生まれました。 彼女が八歳になったころ、彼女のお母さんが亡くなられたそうです。 病気だったのでしょうか。あえて深くまで聞きませんでした。 ゆきちゃんの家族はおとうさんとおばあちゃんそしてお兄さんとお姉さんでした。 小さなゆきちゃんの面倒はおばあちゃんがみてくれていたようですが…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

義母の生活

最近、介護を取り上げる番組に目がいく 残された息子が親の介護をする 実家の弟はどうするのだろうか ふと思った いやいや実家からは私の方が心配されているに違いない。 認知症の義母ができなくなったこと テレビのリモコンがつかえない、お風呂の湯沸かし器をつかえない、洗濯洗剤が分からなくなってきている 時間の感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気づいてあげられない

私たちが子供だった頃、転んだところで 「そんなもの、唾つけておけば治るさ」とよく言われた。 泣いていても仕方がないことはすぐわかった。 痛みや転んでしまったことがみじめですぐ歩くことができない。 しだいに痛みが和らぎ心の切り替えをして歩き始め、気が付くと仲間たちと走っている自分に気づく。 子供はわからな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more