テーマ:つぶやき

常識

学校に長く勤めていたせいだろうか 常識が自分の武器になっているように感じる。 時々常識がどこにあるのか分からなくなる。 人は色々なことを言うから この一年、本当にわからなくなった。 ゆきちゃんを取り巻く人たち、主人のこともそうだ。 何をもってこの人たちはこんなことを言うのだろうか? 立場や時間が変わ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

下町ロケットと農機具

今年は、忙しくてテレビドラマ見ている時間がなかった。 疲れて、そのまま寝てしまった この下町ロケット面白いですね。 無人ロボット。。。こんなのあったら、本当に良いだろうなあ でも、売り出すとしたら、農機具だけに私達には手が出来ないほど高いに違いない。 それから、メンテンナンスに費用が掛かりそう これが馬鹿にならない …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わすれもの

みなさん、新年あけましておめでとうございます。 新年早々、貸すことになった田のことで、お隣のお父さんに確認をしてきました。 稲作は、ご近所の方にやってもらうことになりました。 一反あたり、お金でなくお米で土地代をいただくこの辺りはこれが鉄則です。 それから、土地改良区の代金と固定資産税は地主が払います。 農地と言うもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

師走になりますが・・・

 介護をしていてわかったことがある。 どんな人でも間違いがある。 どんなところにいても高齢者は転びやすくなるので、転んでも相手を責めてはいけないと思う。 ショートへ行ったなら、物がなくなることもあるので問い詰めてもいけないと思う。 お互い様だから、感謝の気持ちを忘れてはいけないと思う。 主人が亡くなった時お線香を上げに来て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

常識ってなんなのか

先日、ゆきちゃんの49日も終わらないというのに電話があった。 辞めてしまった梨畑を見たいというものだった。 確かに辞めてしまって先行きを考えると、売ってしまうことになるだろう。 だけども・・・ これから、ゆきちゃんの49日がある。 その準備もしている。 親戚の方たちがその話を聞いたら、なんていうだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

稲作と農家とコメの値段

昨日は、彼岸の入りご近所の方たちのお彼岸参りがあるのと同時に、稲刈り作業があります。 田植えはやったものの稲刈りの方が実際に扱う機会はたくさんあります。コンバインや乾燥機など途中で止まることもしばしばです。 その度に機械の整備に業者へ連絡を入れます。 我が家の場合主人がもっぱらの機械好きです。 業者へ電話をすることもありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンプライアンス

二カ月前のこと 私はゆきちゃんの介護区分を決めてもらうためにかかりつけの大学病院へ足を運びました。 区分申請をするためには、病院の医師の意見書が必要です。 そのための情報が病院側にも必要だったようです。 その日最初、前半リハビリで手足のチェック、後半が看護師による問診があった。 後半の問診は、2年余りの受診履歴やケアマネ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信じるもの

数年前、義父が亡くなった。 当然、ご縁のある方は、通夜、葬式に参列し、お焼香してくださる。 弟は、ある宗教を信仰していて、他宗教の葬儀には参列しない。もちろん焼香もしない。 宗教は人それぞれだから、私たちは弟の振る舞いを咎めたりすることはなかった。 学生時代、大学の講義の中に異文化間のコミュニケーションという科目があ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年賀状

先日、毎年年賀状印刷をお願いしている業者からダイレクトメールが来た。 我が家は、主人や私の友人、勤務先の方々、それから梨を買ってくれている方々に新年のご挨拶として年賀状 をおくっている。 ところが、主人の父が入院中 何が起こるか分らない。 梨関係の方々には、営業色のある寒中お見舞いにしようか・・・ 友…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

トラウマ

私は、学生時代英語劇をやっていた。 1年間活動で募集、解散をするシェークスピア劇、それからESSでの英語劇だ。 演劇というと沢山のセリフを覚える。ドラマにするのだから、相手のセリフも覚えてリアクションもしなければならない。 忘れることもある。 舞台稽古中、忘れると・・・・ディレクターである先生の怒りの雨が降る・・・{…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

やっぱり梅雨

今日は、気がついたら一日雨だった。 窓口やら講師の対応やらであくせくと仕事を終え、帰り際に実家に電話を入れた。 父の検査の日だった。 父も検査を無事に終え、来月10日に結果を聞きに行くとのことだった。 ところが、二男の退学のことが話題に・・・随時報告していたにもかかわらず母が非常にショックを受けていた。 最…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more