テーマ:ひとりごと

春のお彼岸 (その後)

三月は、春のお彼岸 ゆきちゃんの初彼岸がくる お塔婆の用意してくれるご住職にお礼をしてお線香を上げに来てくれるお客様へ茶菓の用意をしなくてはね。 お墓と仏壇にお花をお供えをする。 お彼岸の訪問者は、常にやり取りの多いご近所と気にかけてくれる親戚ぐらいだ。 それから、主人の姉妹。。。訪問はありませんでした。 故人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

隣との距離感

お洗濯ものを室内へ干そうと後ろ場へ行ったら、、、、こんなことになっていました。 お隣さんに確認したところ我が家の木らしいです。 これは、晴れたら作業しないといけない。。。。 こんな時無性にこの家を処分して狭いマンションへお引越ししたくなります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

結果をもたらすもの

以前、派遣会社へ登録してきたのはいつだっただろうか。 出来るときに出来る単発のお仕事を探すためだ 長男も次男も働いているが若いためあまり甘えてはいけないと考えてのことだった。 子供たちには、せいぜい食費を出してもらうぐらいだ。 主人の生前、家業を盛り立て、ゆきちゃんの介護を考え退職したのは、だいぶ前のことだ。 主人が亡くな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の彼岸には

義父の時は、私は日中フルタイムでお仕事をしていなかったので主人がやってくれた。 私がやったことと言うと、お線香をあげにきてくださった、客人へ渡すお茶菓子と茶菓の準備ぐらいだった。 いつものようにお隣へ聞きに行った。 「お寺にお願いするのは塔婆ぐらいかな」 お隣さんのご意見を参考に、お寺さんへお盆のお礼のご挨拶かた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梨の甘さ

主人が亡くなって4か月が過ぎた。 梨畑で除草していると、ふと帰ってくるのではと思うことがある。 「今日の夕飯は何が食べたい?」 「美味しいもの」 「そういうのが一番困る」と返すと 「のど越し生」と必ず帰ってくるほどのお酒が好きだった。 摘果できなかった梨畑を見ると無性に悲しくなる。 暑い思いをして、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

なるようになる

担当医の説明は、ねえさんとその次女と私と下の息子の四人でした。 姪は介護の職業をしているので我が家の介護にとて協力的だ。 葬儀の時もゆきちゃんのお世話をすすんでやってくれていた予想外の助っ人だ。 義妹のmacoちゃんは、欠席だった。 説明は、高齢者であるリスクはあるが検査の結果が良好なこと、そのままにしておいての完治までの時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妄想

おはようございます。 毎日殺人的な暑さが続きます。 今日もゆきちゃんはデイサービスの準備をしています。 「今日はお休みだよ。明日行こうね。」と声をかける。 「今日迎えに来るって行っていたから」とゆきちゃんが言う。 誰もそんなことは言っていない。 良く言うその場限りの嘘だと思っていたが、もしかしたらこれって認知症の症状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

50代からのハローワーク

昨日はゆきちゃんのデイサービスでした。 家族が出かけた後 畑の除草作業、お盆の買い出し、それから。。。 このままうだうだしていたら自分で自分が嫌になる タウンワークを開いてみました。 私は、今の週2,3日のパートに出ているし、ゆきちゃんの介護もあるけど、ショートをこの日に設定して・・・。 ダブルワーク可能な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

些細な事

昨日 ねえさんのご主人の新盆見舞いに行った。 彼女のお姑さんの発言の一つ一つを聞き逃さず聞いている。 警戒している さらっと流すにはいろいろなことがあり過ぎた。 義務として行った新盆見舞い、線香をあげながら警戒している。 新盆見舞いも先制攻撃のようなもの(相手が来る前が大事) 今日行く予定の義父の姉の新盆…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

新盆に向けて

今日は、気持ち暑さが緩やかな感じがするのは私だけだろうか。 次男がアルバイトへ出かけた後、お茶の買い出しにスーパーへ向った。 ゆきちゃんと昼食をとった後くつろいでいたら、JA葬祭から電話連絡があった。 新盆の品物をとどけてくれるというものだ。 棚釣りは8月になってから 「15日の灯篭流しは家族で行いますので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みんな頑張っています

ゆきちゃんのデイサービスの日はお昼までに、畑に除草剤をまいたり田んぼを見回ります。 それが終わると事務的な作業を済ませながら夕飯の用意をします。そうこうしているうちにゆきちゃんが帰宅する物音がします。 いつもと様子が違います。なにか騒々しい・・・ 出ていくと介護職員さんがなにか焦って携帯で話しています。 「ここの住所を教えて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

その後のmakoちゃん

makoちゃん 30歳にしてほどなく結婚しました。 それからというもの義父は浴びるように朝昼晩と飲むようになりました。 台所で飲んでいるので食事の用意をしていると朝から嫌がらせの嵐です。 ところで、makoちゃん 実家に帰ってくると義母と一緒にお買い物、スーパーへ行くと買い物かごに自分の欲しいものをどんどん義母の買…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

持つべきものは・・・

主人が亡くなってからというものやることは盛沢山 それでいて自分に返ってくるものは意外と少ないものだ。 主人がやりかけた不動産の売買、主人の車、田畑そして義母の介護 ほとんど私が何とかしなくてはならない負の遺産だ 主人のやりかけた書類のために、何度も市役所へ足を運んでいる。 今日、最後の書類の提出をした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

気持ちは沈んでいるのに

昨日は、お仕事の日でした。 主人が亡くなったあの日のことを思い出してしまい、気持ちは沈んでどうしようもない日でした。 それなのに朝食の用意をして義母と子供たちを送り出し。。(義母はデイサービス)私自身もお仕事に向いました。 職員さんたちのお昼の注文をとって、チラシ、ポスターのチェックや施設利用料の事務を職員さんとやって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

甘えてはいけない

主人がなくなって来月の7日で3か月になろうとしている。 亡くなったばかりは、同情から色々声をかけてくださる人が多くいた。 そろそろ潮時だ。 甘えていてはいけないと感じている。 自分で何とかしなくてはいけない。 主人がいようといなくても周囲は回っていくものだ。 そうだ目標を建てよう 8月までに梨畑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の日

今日定年を迎える同僚が久々に出勤! かかわりになった方々にご挨拶! 10年以上一緒にさせてもらい、今年だと意識していましたがいざ退職となるとやはりいなくなるという現実は、不安がよぎります。 こんな職場辞めたいと思ったこと何度もありました。 これから、長く勤めていた仲間がいなくなることがこんなに心もとないものとは思っていもいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反抗期

高校2年生の息子 毎日パソコンに向かいスカイプで友達とおしゃべり 夜遅くまで起きていて遅刻も1回2回ではない 明日も試験なのに11時もかなり回っているのに教科書を開かない 無駄だとわかっても息子のために食事の用意して掃除をして、教育費を稼ぐために仕事にも行く 無駄だとわかっていても・・・・ 果たしてこの子は、親の気持ちが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more